大磯虎女の墓(おおいそとらじょのはか)

校区 : 田中校区

大磯虎女は、源頼朝が建久4年(1193)、富士の裾野で牧狩りを行った際、父の仇の工藤祐経を討ち、自身たちも討死にした曾我兄弟の、曽我十郎の愛妾であったと伝えられている。
 地元の伝承では、虎女は兄弟の冥福を祈って仏門に入り、一国一寺に石塔を建てるため諸国を巡礼した。薩摩入りした虎女は鶴田村興禅寺、曽木の広徳寺を経て、下名の黒板寺を訪れ、ここに曽我の石塔を建立した。その後、人吉に向かう途中に倒れて、ここに墓があると伝えられている。